Top > バリアー

バリアー

スペル必要魔力レア度効果
単体呪い30N5ラウンドの間、対象セプターはスペルの対象に選べない(呪い効果を消すスペルを除く)

解説

5ラウンドの間、スペルの対象にならないため各種妨害スペルを食らわずに済むようになる。
基本のドレマジコラプはもちろん、シャッタースワップスミス兄弟と防ぎたいスペルは中々多い。
一方、ヘイストホーリーワードXなどの足スペルも自分に使えなくなってしまう。
バリアーを活用するブックなら影響を受けないフライを採用しよう。
また見落としがちだが、リバイバル、ついでにウィザードアイグレイスも対象を自分にとれなくなるので注意。

対象をとらないスペルやスペル以外の影響は受けるため、カオスパニックディスペル
または祠の効果などで解除されてしまうこともある。

また、ライフフォース使いに対しては妨害スペルとしても機能する。
特にライフォ(とリンカネ)以外のスペルを殆ど積んでいないような特化型のブックに対しては、
結構な嫌がらせになるので覚えておくといいかもしれない。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-12 (月) 18:02:10 (2444d)