Top > 竜族

竜族クリーチャー

特徴

植物族に次いで数が少ない。だが存在感は段違いで、実にパワフルなクリーチャーが揃う。
とりわけステータスに秀でており、下記のクリーチャー群を見ても40以上の数字がずらずら並ぶ。能力も強力なものが多い。
ビッグクリーチャーだらけということは制約もその分あり、
・召喚による魔力コストが高い。
・領地コスト持ちが多いので大量投入は厳しい。
・配置制限も多く、出したい時に出せない。
防具制限を持っているのが多い。
以上のデメリットを持つ者が多い。
とは言え、巻物は比較的使える者が多いので置ける土地ならアタッカーとして申し分なく暴れて居座れる。
HPが優秀な者が多いが上記の制約から場に出にくい為、本命のエースをバンバン扱うのは厳しい。なので相手に合わせた上での拠点・アタッカーとして扱おう。

対策

コストやら制限のお陰で場には多くは出ないものの高レベルの土地に出てしまえば排除しづらいのが現実。速攻、全般で効く対策は少ない。
使いづらさを利用するなどプレイングで勝利したい。
ただ、ステータスが高いだけのようなのも多いので高STを狙えるアタッカーが居ればで排除できる。
ナイトバジリスクは対竜族クリーチャーであるものの先制されると排除されやすいので注意。
それ故、先制を持ち、強力なSTを出せるモスマンなどが竜殺しの本命だろう。モスマンの配置制限である地属性の竜は数も少ないのも適役と言える。
戦闘で排除できないならスペルを絡めるかちょっかいを出さず、さっさと連鎖を断つ為に別の標的を定めるか、目標魔力へ駆け抜けるというのも戦略であろう。
高コストであることを利用して、交換を強いるような手段も嫌がらせとしていいだろう。
基本的に中盤、終盤のレベルの上げた土地、安全な土地に出てきやすいので、登場にはターンとコスト、手数が掛かることが弱点と言える。
またライフフォースと併用されるケースが多いので、想定した対策があると有利に立てる。

一覧

カード名必要魔力レア度STMHP属性種族配置制限アイテム制限効果
ティラノサウルス80+□S5060防具巻物
ドラコエイビス80+□E4030防具先制:アイテムを使用しない場合、ST=40の巻物攻撃:戦闘中、HP+現ラウンド数
ドラゴノイド40S3030援護:巻物強打[全]
エルダードラゴン140+火火R6080防具応援[竜・ST&HP+10]:巻物強打[全]
サラマンダー80+火N4050防具火クリーチャーの攻撃を受けた場合、ダメージ分HPが増加する
ドラゴン90+火火R4060防具侵略側の場合、戦闘中、ST+20、HP-20
ファイアードレイク70S3040戦闘中、ST+(配置火属性クリーチャーの数×5)
ラドーン60+火R4040防具即死[火風・60%]
アイスサラマンダー80+水N4050防具水クリーチャーの攻撃を受けた場合、ダメージ分HP増加
シンリュウ50+水水R040防具戦闘中、ST&HP=(使用者の持つ水護符の数)
ネッシー50+水R2040防具戦闘が行われた領地が水地形だった場合、戦闘中、HP+(領地レベル×10)
ヒドラ90+水S4050防具再生[戦闘が行われた領地が火地形の場合を除く]
ベヒーモス90+水S6060防具巻物後手、戦闘終了時、使用者の手札1枚をランダムに破壊する
リバイアサン100+水水R4060防具敵破壊時、戦闘が行われた領地を水地形にする
ドラゴンゾンビ100S4060防具
バジリスク50+地地R3040防具即死[人獣竜・60%]:戦闘終了時、戦闘が行われた領地のレベルを1下げる
ギルドラプター70S4030巻物アイテムを使用した場合、攻撃成功時、カードを1枚引く:戦闘で自破壊時、100Gもらう
サンダービーク60+風S5020防具先制:攻撃成功時、人獣竜にマヒの呪い効果を付ける
ワイバーン80+風S4040防具先制:エリア内の離れた風地形(空地)へ移動可能



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-01 (火) 20:53:23 (1944d)