Top > アンチエレメント

アンチエレメント Edit

スペル種別コストレア度効果
単体呪い50  S  対象クリーチャーは地形効果を得られない。:カードを1枚引く
日本語表記アンチエレメント英語表記Anti-Element
カード概要反精霊力。精霊力のつながりを断ち切り、クリーチャーが地形を利用できなくする。
アドバイス敵セプターの高レベル領地に使って、地形効果を無くしてしまおう。カードを1枚引ける効果も魅力。

解説 Edit

地形効果を剥がす、侵略をサポートするカード。
今作からドロー効果が付き、少し使いやすくなった。

このカードを採用する上で問題となるのは、バインドミストと用途が被っていることだろう。
単純な呪いとしての効果・汎用性ではあちらに軍配があがる。
あえてこちらを採用するなら、コンセプトにそって運用する必要があるだろう。
1つの例として、侵略クリーチャーに擬似的な貫通効果を持たせ、
無効化アイテムをブラックオーブで突破する・・・など。
逆に巻物を採用するメリットなどは少なくなりがち。

ドロー効果は弱くは無いが、50Gで1枚ドローは効率的とはいえない。
地形効果を無効化する効果は序盤では役にたたないためドローで流したいところだが、50Gは序盤では厳しい。
ドラウトバイタリティなどとの20Gの差は大きく、撒き散らせるカードではないので注意したい。
更にこの呪いをかけた領地を攻めてもそれだけでは無効化アイテムで守られてしまうケースが多いので
侵略の基本を忘れず無効化対策はしっかりする事が重要。
無効化反射さえ気を付ければ地形効果を失った拠点はそこらにばらまかれているクリーチャーと何ら変わりはない。

地形効果を失わせる為、素で全ての能力無効化するシーボンズに対しては非常に効果的。
地形効果を剥がす効果はボーテックス効果よりも先に発生するため、
シーボンズは「地形効果を受けられず、アイテムも使えない」状態となる。
高レベルのシーボンズを1回の侵略によって落とせる数少ない手段であるので覚えておこう。

またオールドウィロウケルピーと言った強制足止めクリーチャーにも有効と言える。
バインドミストと違い弱体化させつつ足止め効果は残せるため、かなり侵略しやすくなるからだ。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アンチエレメントか、まあ耐えようとか思ってたら同盟CPUがバインドミストで上書きしてくれた。どうやら麻痺より重いと認識してるらしい。 -- 2013/04/11 (Thu) 22:18:01
  • 実際はディジーズの方が致命傷になることが多いんだけど、こっちのがなぜか精神的に嫌なモノがある… -- 2013/04/11 (木) 22:30:07
  • ↑2 CPUはアンチエレメントを重視というか、麻痺を軽視しすぎてる気がする。他のマイナス呪いは移動やクリ交換で消すのに麻痺だとそのままレベル上げたりする。 -- 2013/05/23 (木) 15:27:18
  • ほとんどの場合他の呪いの方が有効だけどシーボンズの天敵ってだけでも採用の余地はある -- 2013/09/25 (水) 13:47:51
  • 高LVのガルーダや、コロッサスのみのHP=STの援護クリをカウンターで倒せると思う -- 2014/02/13 (木) 00:54:52
  • 何気にディジーズとかより高いんだなあ。効果は一長一短な気がするんだけど -- 2014/02/13 (木) 08:25:40
  • ボンズはランプロで上書きとの競争になるな -- 2014/02/19 (水) 14:02:42
  • 高額地はたいていランプロがあるから使い道がかなり難しい。マスアンチエレメントの登場が望まれる。 -- 2014/10/09 (木) 02:56:40
  • ルシエンドラウトをこれで上書きしてすぐクリーチャーを交代するという不可解なプレーをした。 -- 2015/03/16 (月) 19:43:33
  • CPUはこれを使う時高額領地を狙わずどうでもいい撒きに撃ってくる事がしばしばある。地形効果による上昇幅ではなく、素のMHPの高低か何かを基準にしてるんだろうか? -- 2016/02/26 (金) 15:37:01
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 最新差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014/02/19(水) 07:14:40 JST (1637d)