Top > ガミジン

ガミジン Edit

バルベリトの右腕を自認するジェム教団幹部。元々は孤児だったが教団に拾われ、幹部候補としての教育を施された。
バルベリトに絶対の忠誠を誓っているが、本人は根っからの悪人というわけではなく、
いかなる時も己の信念を貫こうとする熱血漢であり、主人公にも正々堂々の勝負を挑んでくる。
その割に露骨に火有利なステージだったり有利でないステージも無理矢理全部火土地にするという暴挙をやらかしているが。
その性格上、ゲモリーとは特に仲が悪い。
カンドの設定では22歳。

レベルアップステージにおいてはその性格が悪い方に転がり、力を求めるあまりの迷走に陥る。
また、教団幹部としての調査活動でソルタリア西大陸に出没する事も。

ミュリンから好意を寄せられていることに全く気付いておらず、その鈍感ぶりは敵味方いう立場をも越えてセレナを嘆かせている。
(実際はミュリンを気にかける台詞が意外と多いので完全な鈍感キャラではないのだが…)

公式設定ではジェム教団内でバルベリトに次ぐ実力。
しかし、ゲーム内でのセプターとしての実力は……

2ndからの変更点 Edit

旧作では鎧を着込み、どちらかと言えば無骨な感じのする容姿だったが、武装解除と共に白髪のイケメンに変貌した。
一人称も「俺」から「私」に変更され、やや慇懃な印象を与えるようになった(しかし、何故かダウンロードプレイ協力戦では一人称が俺になっている)。
また、右目の上を通っていた顔の傷跡が、左目を掠めるようなものに変更されている。
外見は爽やかになったが、中身は以前と変わらず…というか言動から察するに、むしろ以前以上に暑苦しくなっている。

通行料を奪えば「いい度胸だ」「あえて踏みにきたか」と評価し、奪われれば「すがすがしい痛みよ」と笑い、
侵略失敗を「こういう敵を待っていた」と喜び、侵略成功に「逆に腹立たしい」とキレる、
そのバトルマニアぶりからして、案外ゼネスと気が合うのではないだろうか。

特徴的なセリフ Edit

「すさまじいチカラよ……。 こういう敵を待っていた」  防衛失敗時
「弱すぎて、逆に腹立たしい!」  防衛成功時 ホリグレ使って魔力が足りなくなってもこのセリフ。不憫
「カ・タ・ス・ト・ロ・フィーーーッ!!」  ストーリーモード。一緒に叫ぼう
「我々の存在など、ゴミ以下だと言うのか。燃えカスのようなものだと……」 レベルアップステージ 勝利時 自分を卑下するのは勝手だが、ミュリンまで巻き込むのはやめろ
「ふーむ、甘い言葉…… すまん、意味がわからん」  レベルアップステージ プレイヤー敗北時勝利の記念に甘い言葉をねだるミュリンに対してこの言葉。セレナじゃなくても嘆きたくなる(まあ彼が甘い言葉を知っているキャラだったらバカップル確定なのである意味正しい解答?)
「あのような者を、ふたたびバルベリト様が受け入れると思うのか?くだらん」 レベルアップステージ~ 同じ教団に所属しているものの、かの幹部とは非常に仲が悪い。
「生まれてはじめて倒したクリーチャーは、たしかケルピーだったな……」 侵略成功時 オールドウィロウと並ぶAIの鬼門を生まれて初めて倒したクリーチャーだというガミジン。しかし実際の試合では、ケルピーに倒されまくったりしている
「グッ、古傷が痛む……これは、初めて遠征に参加した時の……」 低額支払い時
「ハハハハッ 塵すら残るまい!」高額奪取時
「フッ 炎の滝に自ら身を投じるとはな」 高額奪取時
「身が引き裂かれる・・・・・・グフッ!!」 高額支払い時
「炎が逆流して・・・・・・グアアアアッ!」 高額支払い時
ミュリンーッ!! 私はお前をッ!!!」 高額支払い時~ ミュリンの片思いではなかったようだ。 滅多には見れないので、彼の心の叫びを見てほしい。
「フフッ、この地は完全に炎に没した。次の戦地へ向かうか」 勝利時~ 彼の厨二を象徴するようなセリフ。
「私は勝ち続ける! すべての敵に、そして自らの運命に!」 勝利時~ かなりカッコいいセリフ、なのだが……。
「この胸に義の炎が燃える限り、私は負けん!!」勝利時~ かなり良い台詞であるが義を立てる相手が根本的に間違っている為にギャグにしか聞こえない。 不憫…
「我が名はガミジン!永遠に燃え続ける、炎の化身だ!!」 勝利時~ もはや言うことは何も無いほどの徹底さ。~ 

よく炎に喩えたセリフを言う。
彼はやはり厨二発言が多い。きっとバルベリトの教育の賜物なのだろう。

主な登場マップ Edit

クアンゼの街

ブック傾向 Edit

火属性単色で、侵略重視の好戦的なブックを組んでいる。
火土地の多いクアンゼをホームグラウンドとしているためか、領地コストの必要なクリーチャーが多め。
そのため、彼のブックはクアンゼや炎単色マップ以外では力を発揮できないことが多い。
また水土地への配置制限のあるクリーチャーが多い事と思考ルーチンが同盟相手思いということも災いし、クアンゼだと同盟相手を助けに左に行ってしまった際には格好のカモと悲惨な扱いとなる。
なお、ストーリーキャラきっての火属性使いである彼のブックのどれにも、あのクリーチャーの入る余地はない模様(しかし、ついにガミジンダウンロードブック『炎使いの逆鱗』で使われる事に。火のエキスパートに見放された微妙クリの汚名返上か)。

クリーチャーもアイテムもスペルも全体的に高レア度高コストなので
アイボリーアイドルウェイストが良く効くが、イビルブラストバリアーで対策をしている。

ただし、所詮は火単色なので相方も使うとあるクリーチャーを使われるとあっけなくやられるのは秘密。

CPU行動傾向 Edit

ミュリンとは正反対のガンガン魔力を消費していくタイプで、強引なまでに土地レベルアップに魔力を注ぎ込む癖がある。
その性格ゆえに、ただでさえ重いブックを使っている彼は魔力不足でのた打ち回っている事が少なくない。
また、ザゴル程ではないが勝てそうにない土地にも侵略してくることがある。
さらに炎爆斬のブックのアイテムはやたらと高コストなものが揃っているにも関わらず魔力をガンガン使うため、
肝心の戦闘でアイテムが使えないなどと言う事態も少なくなく、防衛に関してもかなりスキが多い。

魔力を消費しまくるAIにも拘らずレベル1の領地での防衛でもホーリーグレイルを使うため、
魔力が枯渇し高額領地を手放すことが結構ある。(自爆した上で「気迫が足りん」とか煽ってくるのが涙を誘う)
ひどい場合、イエティの移動侵略をホーリーグレイルで止めるという、ほぼ益の無い事も。
その上、土地コスト持ちが多いため配置できず歩き回ったり、火単故にイエティさえいれば簡単にブルドーザーされてしまうため、
公式設定ではバルベリトに次ぐ実力なのだが、同盟&火土地前提ブック故にゲーム内の彼の個人戦での実力はピケットとどっこいどっこい。
ミュリンのサポートやハンデ抜きではジェム教団内でも…というか全キャラ中でも最弱クラスだったりする。(同盟&火土地前提の弊害か)

…しかし魔力目標達成時に自分か味方が城にいて手札にD・ドアがあると使用するため勝利が確定する。
そのため同盟戦で足を引っ張りまくるピケットと逆に、カード集めのお供として引っ張りだこ。
ただ、普通の同盟戦で組もうものなら、ピケット並みの行動の悪さで足を引っ張る事が十分あり得る。

使用ブック Edit

 烈火掌


 炎爆斬


 火焼殺 (おまかせブック) 


※使用可能ダウンロードブック
・炎使いの逆鱗

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここで話す内容じゃなくなってきてる、とは思いつつも同意せざるをえない・・・ステージ自体はうまくコツつかめばそれほど難しくないけど応用の範囲が狭すぎる、しかも手間かかるわりにシナリオがすごく薄い -- 2014/10/16 (木) 12:38:25
  • 正直「やり込み」にバランス求めるってのは贅沢だと思うわ。プログラマかスクリプトライタ1人位がテストプレイして調整終了って位の労力しかかけられんコンテンツに知能なんか感じられんで当然。ましてや人間同士でドタマかち合わせるマルチプレイなんかと比べちゃいかんよ。浅く広く作るのは時間かけりゃ絶対できるけど、狭く深く作るのは失敗すりゃ狭いだけなんだからリスクリータン考えて製品としてはこの作りはしゃあない。むしろボリュームがある事を褒めたげよう -- 2014/11/19 (水) 03:55:50
  • レベルアップステージを「やり込み」と認識するのは無理があるだろう。本当にただの「やり込み」なら、ストーリー無しは当然で、Eカードもブックカバーも賞状のようなものも、何ひとつ用意しちゃいけない -- 2014/11/19 (水) 07:31:00
  • 彼のDドア撃つ基準が分からん・・・。砦から離そうとするのは分かるが、より砦に近いキャラがいようが何位だろうがプレイヤーに撃ってくる。全水土地でケルピー嵌め稼ぎに対する復讐なんだろなんだろか。 -- 2014/12/03 (水) 06:46:38
  • 誇りって何だろうね -- 2014/12/04 (木) 20:36:58
  • イエティ「来いよガミジンフュージョンなんて捨ててかかって来い!」 -- 2014/12/29 (月) 20:29:11
  • 魔力が200Gくらいしかなくてもフレイムロード出すアホ -- 2015/02/16 (月) 08:15:08
  • イエティに誰彼構わずフュージョン無しで特攻させるバカ -- 2015/09/03 (木) 08:51:36
  • ネット対戦で試合が始まる前に唐突にガミジンが現れて土地全部火属性にして試合開始…という妄想。 -- 2015/09/11 (金) 20:25:20
  • ガルーダブックに致命的ダメージ -- 2016/01/06 (水) 10:30:46
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 最新差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016/06/14(火) 23:36:49 JST (547d)