Top > ピケット

ピケット Edit

雪深き山奥の集落に住むラビド族の少年セプター。一人称は「おら」。 村長の息子であり、村のリーダー的存在でもある。

服を着た兎のような愛らしい姿をしており、そのモフモフの体はセレナが一目見て大はしゃぎするほど。
しかし、本人にはラビド族を代表するセプターであるというプライドがあり、かわいいと呼ばれても嬉しくない模様。
また、ライバーンゲモリーからはネズミ呼ばわりされ、ザゴルに至っては「丸々と太っていてうまそう」というとんでもない感想が飛び出す始末。
意外とその容姿のせいで苦労している様である。そして後述する理由より、今作では多くのセプターからヘイトを買う事となってしまった

田舎暮らしのためかやや世情に疎い。ある誤解から主人公たちの前に立ちはだかるが、誤解が解けた後は非常に友好的になる。

ラビド族の中では最強のセプター(一応)。しかし、ピケット以外のラビド族セプターがいるという描写は無く、セプターはピケットしかいないという可能性もある。~
カンドの設定では10歳(人間で言うと15歳くらい)

ラビドEdit

西大陸(セカンドではパンボルグ大陸と呼ばれていた)の北方に住む兎の様な姿(ストーリー上ではネズミの様な姿と言われる)をした種族。
穏やかで争いや冒険を好まず、お祭り好きで明るい性格をしている(冒険好きなピケットはやや異色な存在らしい)。
穴掘り能力に優れており、石炭や鉱石を採掘し、売る事で暮らしている。
人間との交流もあり、特にラビド村近くのアトラ山に住むルシエンとの関係は良好。また、しばしば鉱石商の護衛役を務め、他の町や村へもやってくるらしい。
なお、今作では頭を使うのが苦手という設定が追加されている。

2ndからの変更点 Edit

外見は以前のブックをぶら下げたネズミのような姿から大きく変更されており、耳が大きくフサフサになった為、ネズミというよりウサギにしか見えなくなった(しかし各キャラのセリフはセカンド準拠な為か、今作でもウサギではなくネズミ呼ばわりされる事が多い)。
また、体毛も白とグレーから白と薄茶色という明るい組み合わせになり、さらに服やグローブ、靴などを身に着け、アホ毛(?)も追加されるなど、野性動物っぽさが薄れたかわりに可愛らしさが増量されている。
シナリオ面では以前よりも外見・内面ともに少年っぽさが強調された。
普段は陽気で無邪気だが、アイデンティティ(?)に関する悩み事で極端に落ち込んだり、グレて反抗期になったりする事もある複雑なお年頃。
また、ラビド族とファード族では最近交流が始まったという設定が追加され、ピケットはなんと親善大使に抜擢されている(よりよって何故幼いこの子を親善大使に…と思うかもしれないが、村長の子であり村のリーダー的存在なのである)。
同じくファード族の親善大使となったワールウィンとは仲良しだと宣言しており、レベルアップステージ協力戦などで度々一緒に登場する(しかしワールウィンがどう思っているかは明言されていない)。

なおレベルアップステージ経験者から後述の理由で憎しみを一身に受けるハメになっており、ある意味最も不幸なキャラクターとなった。

特徴的なセリフ Edit

「人の言葉を話す杖なんておら、見たことないし!」 ストーリーモード そりゃそうだ。
「おらたち、頭使うものって、あんまり好きじゃないんだ……」 レベルアップステージ ~ ラビド族は頭を使うのが苦手。ただ、鉱石などを商売する辺り、決して頭が悪いとは言えないのだが……
「ヘイヘイ、村の中をバリバリ走り回るぞッ。 イエ~イ、ぎゅるるる~ん!!」 レベルアップステージ グレて一人徒歩暴走族(?)になってしまう一幕も
「誰もおらのことなんて、心配するはずはないんだっ」 レベルアップステージ 勝手に自暴自棄になる奴は普通は心配されない
「おらの魔力を分けてあげようか? 弱すぎて可哀想になってきたぞ」 ピケット優勢時
「おらたち強すぎだけど、キライにならないでね♪」 同盟戦優勢時 キライになる要因はそこじゃない
「君の人生、いいことナシだね!」 優勢時 可愛い姿とは裏腹に煽りが多い
「かわいそうすぎて、鼻ほじっちゃうぞ」 高額奪取時 ピケットが嫌いになる理由。
「おらが強すぎるんじゃない、他が弱すぎるんだぞ~♪」 優勢時 
「なんだよ、この差・・・・・・インチキじゃんか~」 劣勢時 猛烈な初期ハンデから逆転されてもこれを言う。
「あと土地を10個か20個取れば、逆転なのに……」 劣勢時 20個も領地マスが無いマップでも言う。
「これじゃ、村を守りきれるか心配だぞ……」 領地陥落時
「ううぅ、ショックで毛が抜けたぞ・・・・・・」 500~750G支払い時
「みょぎゃぎゃぎゃぎゃ-っ!!」 高額支払い時
「よけたかったぞーーーーーっ!!」 高額支払い時 ケルピーなどの足止めに止まった時にも言う。無理やっちゅうに。
「死んじゃうよーっ!!!!!」 高額支払い時 死ぬべき
「許してーっ!!!!!」 高額支払い時 煽りの罪は許されるものでは無いだろう
「おねしょしちゃいそうだよーっ!!」 高額支払い時 注:人間にして15歳です
「追いつくための作戦、その1!(同盟相手名)ががんばり、おらもがんばる!」 同盟戦2位(僅差)時 大抵は味方の妨害を頑張るので むしろ頑張らないでくれた方が助かる
「しぶといな〜、(1位セプター名)。かわいくないって言われない?」 2位(僅差)時 お前にだけは言われたくない
「むむむ、すごいね、(1位セプター名)。ラビド族にスカウトしたいくらいだぞ」 劣勢時 
「ただし負けたらバツゲームで、鼻の穴に木の実つめてもらうぞ」 ストーリーモード(サブシナリオ)  無邪気さとは時に恐ろしいものである
「ふんっ!どんな手強い敵でも、おらと(主人公名)が組めば、ヘッチャラだぞっ」 ダムウッドレベルアップステージ 実は組まない方が助かる。
「えっ、許してくれるのかっ?やったー!やっぱり(主人公名)はいい人だねっ」 ラビドレベルアップステージ 普通は絶対に許されないような事をしてるが主人公一同は超が付くお人好しの集まりなので許してしまうのであった…
「ちょっと待った〜。そのカードは、おらたちのものなんだ〜!」 ラビドレベルアップステージ 発明品を使い探し当てたのはモロックであり、ピケットに所有権を主張する正当性はあまりない。
「幼なじみのポーニャちゃん、おらはやるぞー!」 高レベル領地作成時
「もしかして、ボロ負けが趣味なの?そうじゃないとこんな大差つかないぞ」 優勢時 悪党セプター顔負けのひどい台詞をいう事も
「正体が人間とかならまだマシだけど、ゴブリンとかだったらショックすぎるし〜」 レベルアップステージ ゴブリンという種族に対して失礼な発言。
ラビド族は、どんな種族とも仲良くやれるんだってところを見せてやる!!」  同盟戦、試合開始時。ツッコミ禁止

※可愛らしい外見と陽気で明るい種族という設定とは裏腹に、何故か試合中セリフは非常に相手を煽る物が複数ある。
さらにハンデ・レベルアップステージの存在により試合中(特に序盤)で豊富な煽りセリフを聞く機会が多くなってしまい、その事も彼の株が大暴落している原因の一つとなっている。

主な登場マップ Edit

ラビド

クレイトス

ブック傾向 Edit

水+地の二色ブックが基本形。侵略よりは防御に優れるクリーチャーを多く採用している。
防御アイテムはやや力不足ながら状況に応じて使えば活躍が見込めるレベルのモノが揃っている
…のだが、防具使用不可のクリーチャーが多いのにも関わらず防具が多く採用されているので
実質的にはムジナマスク等の防御効果を持つ道具を破壊してしまえば防御機能はほぼ停止してしまう
その為か、ターンウォールグロースボディ等のクリーチャー強化、拠点育成用スペルを使用している。

その他、メタ的なカードが多数投入されている。それらはメタれればかなり強いが、空ぶるとほとんど使えなくなるリスクを抱えているクセの強いものが多い。
領地能力を完封するエボニーアイドル、対火属性専用のアイスストーム地属性のみ強打ロックバイター等がある。
これらのカードは同盟戦の場合、味方をも巻き込んでしまう事があり、最悪の場合、敵をメタれず味方の邪魔だけになることも。
彼と同盟を組むステージではこれらの事を考慮して臨んだ方がいいだろう。
例えば、スクイーズがあれば不要なカードを潰しながら魔力を増やせる。

また、レベルアップステージゴリガンも評した通り、ピケットのブック構成は実に常識外れであり、型破りな(普通に考えたら相性最悪な)組み合わせのカードをセットで投入している事がある。
援護ブックにボーテックスアヌビアス入りブックにインシネレート・・・。
たしかに遊び心や奇想天外な発想は時として大切であるが、常識に囚われなさすぎである。

CPU行動傾向 Edit

対象思考補足
手持ち魔力とても少なめ残り魔力に無関心と言ってもよいほど
アイテムカードやや軽視
スペルカードとても軽視効果のあるなしに関わらずとにかく使う
配置普通火や風にはまず置かない
戦闘消極的
護符軽視
土地レベルアップとても積極的残り魔力を気にしない思考との相乗効果もあって、非常に無謀なレベル上げをしがち
土地地形変化積極的こちらも残り魔力を気にしない思考との相乗効果で、かなり無茶をする
クリーチャー移動やや消極的
クリーチャー領地能力普通
同盟相手への干渉積極的

メモリアルワークスにおいて「すぐに土地のレベルをあげたがる」と記される通り、所持魔力を気にせずとにかく土地のレベルアップを行う。さらに属性書き換えやクリーチャー交換による色合わせも頻繁に行い、それに加えて(無駄に)ファインドを連打するため常に深刻なレベルの金欠に進んでなろうとするかのような行動をとり続ける。その為に守りを主体とする属性と噛み合わず、敵対する場合は大した強敵ではない。
一応水と地ブックなので、ルナティックヘアが有効。
ターンウォールで自分で勝手に拠点クリーチャーをアイスウォールストーンウォールにするので、すぐに即死できる。
まあ、そんな事をしなくても十分勝てると思うのだが……

…しかし同盟戦においてはこれらの行動が全て裏目に出て敵よりも厄介な存在となっている

同盟戦においては、こちらのブック構成や戦略お構いなしで行動する為に、下手に無属性以外の侵略クリーチャーや撒きクリーチャーを配置しようものなら、土地と属性の色があっていた場合は手持ち魔力の限界までレベルアップ色が違っていた場合は地変あるいはピケットのクリーチャーと交換されてしまう(しかも常時金欠気味な上にアイテムは貧弱なので防衛力は低い)。
防衛力に関しては、一応防御用な道具防具は揃えているもののクセが強いものばかりで、さらにクリーチャーも防具不可の者を多数入れていて、それを平気で拠点にする為、お世辞にも噛み合っているとは言えずとても信頼は出来ない。
ファインドでカードを引くも何故か防具から先に捨ててしまう事も多く、手札が武器ばかりということも。
さらに驚くべきことに、生き残る可能性ゼロの状況でSTしか上がらない武器を防衛時に使う(もちろん防衛クリは先制などはなし)という、全く無意味なアイテム浪費を行う事もある(初心者っぽさの再現であろうか)。

この無駄な行動によってガンガン総魔力を減らし敵に高額土地を提供しやすくする布石までうたれ続ける事になるので要注意。彼と組む場合は、属性有の侵略型クリーチャーや、単独防衛力の無い安いだけの撒きクリーチャー(あるいは領地能力など戦闘以外での特殊能力が売りのクリーチャー)はあまり配置しない方が無難かもしれない。

更にスペルの使い方が壊滅的に下手でもはや足でまといどころか意図的に引っ張っているとしか思えない使い方をする。
領地のクリーチャーがMHP40以下ならば、プレイヤーのクリーチャーにもターンウォールを使用する(ピケット本人は領地の強化のつもり)。
変化後出現するウォール系は防具が使用できず能力も微妙である(ピケット自身も防具を多数積んでいるので、わざわざ防具を使えないウォール系にするという行為はかなりの悪手である)。侵略要員や特殊能力が強力なクリーチャーもあっさりこれで(しかも味方に)変化されたら泣くに泣けない…
これに関しては攻略本のダムウッドLV3のアドバイスに書かれる程であり、もはや攻略本公認である。
この他にも、属性が合っている敵大型クリにボーテックスをかけて鉄壁にしたりピケット本人は妨害のつもり)、
完全に妨害にしかならないタイミングで同盟相手にバックワードをかけたりピケット本人は橋などを利用したショートカットのつもり・・・かと思われたが関係ないマップでもやるらしい)、
手札6枚、魔力枯渇寸前で、使用すると手札全てが魔力不足で使えなくなる状態でもファインドを使ったりピケット本人は…いったい何のつもりなんだ!?)等、
こちらの度肝を抜く型破りなスペルの使い方をしてくる。

常に金欠状態+枯渇したらとにかく最高額(自分の物じゃなくても)の領地を売るという思考パターンが猶更不評を呼ぶ。
明らかに自滅するような行動パターン、明らかに間違ったブック構成、こちらに被害が及ぶようなスペルの使い方等、どう見ても味方ではなく貧乏神である。
オマケに対戦中の台詞が完全な煽りとプレイヤーのヘイトを上げることに関しては天才的と隙がなく、同盟戦での彼の評価は全キャラクター中最低レベルである。

同盟戦の回数は3回。各ステージのレベル5までの同盟戦ではなんと組む回数がナジャランと並んで一番多い(クアンゼプロムスデルセレナと組まなかった場合)。
なぜ3回も組まされるのだろうか。ある意味レベルアップステージのレベル10並みのハートブレイカーである。

一応、レベルアップステージで同盟を組む際には必ず2対1の方式になる。バックワードスロウの連発で集中攻撃するという有効な戦い方がある分、ナジャランよりはまだマシなのかもしれない。(ただし、ブックの回転を早める為にブラスアイドルを配置すると、お約束のターンウォールスタチューにされてしまう事も)

使用ブック Edit

まけないぞ
地の仲間たち
援護(おまかせブック)
おらはワルだ(レベルアップステージ用)
変身させるぞ(レベルアップステージ用)

使用可能ダウンロードブック
ラビド族の祭
無効化軍団
・石と岩と宝石

Edit

Edit


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑淫獣風情が足止めの崇高さなんぞ分かるわけない。つまり君は使うブックを間違えた。それだけの事よ -- 2016/01/06 (水) 13:52:38
  • ピケットラビド村1のセプターらしい。ラビド族のセプターはどこまで弱いんだよ… -- 2016/01/21 (木) 17:59:51
  • ラビド族1の(弱さを持つ)セプターなのかもしれない -- 2016/01/21 (木) 20:10:39
  • 次回作にピケットプレイングのセプターがいない事を切実に祈る。 -- 2016/03/22 (火) 07:52:37
  • なんかジョジョの重ちーっぽいよなこいつ -- 2016/04/13 (水) 09:32:57
  • 「~」が残っていたため修正 -- 2016/04/22 (金) 22:58:10
  • リボルトのゲンからこのクズウサギと同じ感じがして怖い。リボルトのキャラ嫌いになりたくないから頼むよ -- 2016/05/15 (日) 16:33:47
  • ターンウォールが無くて同盟相手が売却時に出来るだけ自分のを優先して売って無駄なドロースペル無しなだけで大分違うな。…グラディエーターに全力投球することがあるのはいただけないが(ゲンのブックに道具も防衛に使える武器も無いので)。 -- 2016/05/15 (日) 16:38:39
  • 煽りスキルの無駄な高さに笑う -- 2016/10/16 (日) 18:20:50
  • まさかリボルトでピケット並みにクソな同盟相手が出てくるとは思わなかった。 -- 2017/09/01 (金) 23:29:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 最新差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016/04/22(金) 22:57:50 JST (734d)