Top > リベレーション

リベレーション Edit

スペル種別コストレア度効果
単体呪い50  S  2ラウンドの間、使用者は全ての領地に対して領地コマンドを使用できる
日本語表記リベレーション英語表記Revelation
カード概要神の啓示。砦に昇らずとも全ての地域を見渡せ、心の言葉によって命令を送ることができる。
アドバイス移動で通っていない領地にも領地コマンドを使えるのは非常に便利。領地能力を連続して使いたい時にも有効。

解説 Edit

2ターンの間、全ての領地に対して領地コマンドを使用できるスペル。
テレグノーシス2回分よりも安いコストで、同スペル2回分の効果を得られる。
但しブックに復帰したりはせず、使いきりのスペルである。

テレグノーシスがタイミングを選んで何度か使用できる汎用性を持っている点に比べ、
リベレーションは2ターン連続で効果を得られる特性を活かし、尖った運用を求められる。
例えば、ばら撒きクリーチャーを目的の土地に移動させてから拠点用クリーチャーに交換したり、
ばら撒きクリーチャーを拠点用クリーチャーに交換してからレベルを上げたり、
各種領地能力の2連続使用など。

他にもテレグノーシスと異なりスペルの使用機会を圧迫しない点もブック構成によっては長所となる。
例えばテレグノーシスで4回領地コマンドを実行すればスペル使用が4回必要だが、
リベレーションの場合はその間に別のスペルを2度使用できることになるという具合。
拠点に横付けした後、次ターンでバインドミストを詠唱して確殺侵略したり、チャリオットスレイプニルと組み合わせ6マス移動なども可能。
領地能力とスペルの組み合わせで数々のコンボが実践できる。
呪いを上書きされなければ2ターン連続で効果を発揮できる点を考慮し、ブック構成によって両カードを使い分けよう。

コストの割に効果は高いので、テレグノーシス1枚差しでは不安という場合はこちらを何枚か入れる方がオススメ。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブック復帰もいいことばかりじゃないから領地コマンド多用するブックにはテレグノとリベレ両方つんでるな。 -- 2013/01/07 (Mon) 13:12:47
  • テレグノーシスはあまり多用すると中盤以降「アイテム欲しいのにまたテレグノーシス来た!」みたいなことになりがちだもんな。 -- 2013/01/07 (月) 15:00:57
  • どっかのサイトに、そもそも砦に止まる確率自体の高さを検証した結果があったな。 -- 2013/01/09 (水) 04:47:32
  • そういや絵に描かれてるのはカルドラなのに、何で使ったらソルティスが出てくるの? -- 2014/03/21 (金) 17:09:07
  • 主神様が通信してくれるシステム的なモノになってて、このソルタリアの神様はソルティスだからじゃない? -- 2014/03/21 (金) 17:27:13
  • リベレーションと聞くとブラックホールが出てくるONE PIECE脳の俺。 -- 2014/05/01 (木) 06:49:57
  • プレイグからの2連侵略が凶悪。レベルアップでもお世話になってます。 -- 2014/05/28 (水) 10:04:46
  • 錬金術師の館で自分がいない方のエリアに領地コマンドを実行したいときにとても便利 -- 2014/12/23 (火) 20:58:01
  • テレグノーシスと違って、敵近くの拠点候補レベル上げからのホーリーワードはめができるのでCPU戦では非常にありがたい。 -- 2015/07/17 (金) 20:27:59
  • 変なこと書いた、ばらまいた土地を拠点クリに交換してスペルターンでホーリワード使って踏む先のレベル上げて(2連続領地コマンド)、だったよ… -- 2015/07/17 (金) 20:30:48
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 最新差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014/01/05(日) 12:14:19 JST (1744d)