Top > ルナティックヘア

ルナティックヘア Edit

属性コストレア度STMHP配置制限アイテム制限効果
無属性20  R  2030戦闘終了時、対戦相手のSTとHPを入れ替える
日本語表記ルナティックヘア英語表記Lunatic Hare
カード概要いかれウサギ。それを見た者は、狂気をうつされてしまう。
アドバイス相手のSTとHPの値を交換してしまう。ST0のクリーチャーをこの能力で倒そう!

解説 Edit

毎度お馴染み、カルドセプトのトリックスターで今作も即死コンボを狙う狂乱兎。

一見すると意味不明な能力だが、ST=0になっているクリーチャーを戦闘終了時に問答無用で破壊するという凶悪な能力だったりする。
これはウィークネスなどで素のSTが0のクリーチャーのみならず、STが0から急上昇するガルーダなどの能力変化系、
ガセアスフォームカウンターシールドなどによる一時的なST変化でも、終了時には破壊されるため、対象となる範囲は意外なほど多い。
また今作は前作(DS版)よりもリフレクションターンウォールというコンボに使えるカードが増えた他、ウィークネスにワンドローが追加されるという大幅な強化を受けたのが追い風となっている。
サキュバスリング片手に自分で攻めるも良し、サキュバスコカトリスメデューサに事前に貧弱化してもらってから攻めるも良し。
コンボ即死の快感をぜひ堪能しよう。

素のステータスはゴブリン並なので、獲ったらさっさと交換するか破棄するのが望ましいが、
アイテム制限が無く、カウンターシールドからネクロスカラベまで一通り使える上、
ボージェス応援適用下ならばなかなかどうして見た目以上に踏ん張れる。
色合わせの出来ない土地ならば下手なクリーチャーに交換するより安全な場合もあり、そのまま放置しておく選択肢もある。
他の注意点として、能力値交換が発生するのはあくまで戦闘終了時なので、戦闘で自分が破壊されないように気をつけよう。

ボージェス応援を活用すると返り討ちの可能性が低くなり、苦手な援護クリーチャー相手でも即死コンボが決まりやすくなる。
応援を受けたサキュバスリングコンボを防ぐにはバインドウィップ、各属性盾バックラーホーリーグレイルによる無効化、ST50以上のアイテム・援護そしてアイテム破壊・奪取がある。
この他にもクリーチャー能力応援支援の有無とアイテムの組み合わせで防がれる場合がある。
コンボを有効活用する場合はウィークネス無効化アイテムを持ちこみも組み合わせて多角的に運用しよう。

即死コンボの中核を担うクリーチャーの多くが手札コストか領地コストを持つ中で、唯一どちらも持たない使いやすさが売り。
ルナティックヘアそのものも20Gと安価だが、後述のサポートを行えるカード類も総じて強力かつ安価なものが揃っており
侵略を担うクリーチャー群の中でも、特に環境に恵まれた一枚となっている。

能力置換のエフェクトが一新され、妙にかわいらしくなった。
使われた側はたまったもんじゃないのだが。

尚、バサルトアイドルが置かれると存在価値が無くなる。即刻排除しよう。

このカードを使用したブック例 Edit

サンプルブック/石化コンボ侵略ブック

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 結果は合ってるけど過程はちょっと間違い。補正されたHP・STも元のHP・STも交換するからこそ、ガセアス使ってると死ぬ。交換結果MHP・HPどっちがゼロになろうとも死亡。 -- 2016/02/23 (火) 06:53:49
  • ↑3-4 いや、合ってる。自分が書いた内容は一部間違っていたしどちらかというとウサギじゃなくサキュリンページで書くことなのも間違いだったけど、そういう意味では合ってる。そして↑3はわずかに間違ってる。以下、左が侵略側として
     サキュバス vs ウィークネスターンオーバーでST20になった領地数6のバーンタイタンがパワブレ使用
      バーンタイタンのSTは20→(デメリット能力)→0→(パワブレ)→40→(STドレイン)→20→(攻撃後戦闘終了)→ST0
     同じくロングソード使用
      バーンタイタンのSTは20→(デメリット能力)→0→(ロングソード)→30→(STドレイン)→10→(攻撃後戦闘終了)→ST0
     サキュバス vs ターンオーバーで素ST20になった風クリ配置数10のガルーダ
      ガルーダのSTは20→(クリ能力HP/ST置換)→100→(STドレイン)→80→(攻撃後戦闘終了)→ST0
     アレス配置済みのキングトータスダイヤアーマー使用 vs サキュバス
      キングトータスのSTは10→(ダイヤアーマー)→0→(アレス応援)→20→(STドレイン)→10→(攻撃後戦闘終了)→ST0
    つまり、サキュバスサキュバスリングの効果は「支援STは無視し、相手のSTを素ST(マップ上のST)分減らしたあと、素STをゼロにする効果」である。
    「基本STだけ減って補正STは残る」のではない。
    多分パワブレも今のチェンジソルブと同様に置換というより補正値で処理してる。推測だけど内部で持ってる値は素STと現STとあとアイテム破壊・奪取で入れ替わることがある援護分のSTで、戦闘開始時に現ST = 素STになってあとは処理ごとに現STを増加と減少で操作するだけなんだと思う。ガセアスも現ST = 現ST - 現STって感じで。
    問題になるのは、ルナヘアのサキュリン・巻物二択に対して支援と応援をあてにしてダイヤアーマー使ってギリギリでルナヘアを倒せるSTを確保しつつHP増強──と思ったら予想以上にST減らされて負けるとか、ルナヘア関係ないけどブブ応援があるからとイグニズファツィさんがダイヤアーマー持って即死の賭けに出たら相手のサキュリンでSTゼロになって爆発とか、そういう超ニッチでST10を争うシビアな状況のときだけ。 -- 2016/02/23 (火) 06:57:29
  • ↑書かれた例全て「基本STだけ減って補正STは残」ってるな。同じ意味を別の言葉で書き直しただけに見える。 -- 2016/02/23 (火) 10:06:36
  • 「何も考えず普通にパワーブレスレット使っただけじゃ、ウサギ倒せない限り意味ないよ」と覚えとけば大丈夫 -- 2016/02/23 (火) 15:29:34
  • ↑3 二番目の例だと、バーンタイタンST素20補正0=20→(デメリット能力)→素20補正-30=0→(ロングソード)→素20補正+10=30→(STドレイン)→素0補正+10=10→(攻撃後戦闘終了)→素0補正0=0ってことだと思ってた。 -- 2016/02/23 (火) 17:09:25
  • ↑3 まあそうだね。条件の違いを確認できる能力・アイテムが存在してない。
    ↑それでだいたい合ってるかと。デメリット能力の直後は素20補正-20=0になるとこだけ違う?
    要はルナヘア倒せるかどうかの計算するとき基本ST/補正STの例でいうと補正STの下限値は「素ST×-1」になるって前提があるのが見え辛かったのと
    「領地6バーンタイタンがサキュリンルナヘアに攻め込まれた!武器分のSTは残るんだろボーパル持たせて撃退だ!→死亡→はぁ!?」
    「孤立ガゴがサキュリンルナヘアに攻め込まれた!ST置換なんだしそのままいけんだろ→死亡→なんでST減ってんだよふざけんな!!」
    が納得いかなくてな。応援分まで減るとか。特に置換系にターンオーバーが絡むと、置換「後」から素STが差っぴかれるのが理不尽。現ソルブ仕様と合わせても、わかるんだけど理不尽。 -- 2016/02/23 (火) 17:45:47
  • 混乱してきた。ウサギに狂気をうつされたかもしれん... -- 2016/02/24 (水) 01:16:07
  • チェンジソルブで戻そう -- 2016/02/24 (水) 00:19:49
  • 処理順とか細かいところはゲームマニュアルに明示して欲しい気もするし調べて学んで利用するのが面白い気もする -- 2016/02/26 (金) 19:33:17
  • 忘れた頃に使い手に遭遇して泣きを見る系のカード。コンボの事抜きにしても防衛アイテム握ってなくて結局即死することも多々あるので、もし見えたなら投資先をよく考えて立ち回りたい。 -- 2017/01/16 (月) 10:02:21
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 最新差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015/11/27(金) 00:47:57 JST (1054d)