Top > 議論場 > ブックの事故について

議題:ブックの事故について Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブックの事故とはどのような状態なのか -- 2013/05/19 (日) 11:58:53
    • よく「ブックが事故る」という表現を聞きますが、具体的にどのような状態を指して「事故」と呼んでいるのか、あるいは「事故」と呼ぶべきなのかを議論する為のツリーです。 -- 2013/05/19 (日) 12:04:02
      • 自分は領地コスト持ちが序盤に多数くる、ピン差しの終盤引けたら強いカード(アーシェとか)が序盤にくる、の2つが事故だと思ってる。 -- 2013/05/19 (日) 12:31:58
      • 私も同じです。特にレア度の高いカードによく見られますが、活躍できない機会で少数の強力なカードを引いてしまう、というものが「事故」だと考えます。 -- 2013/05/19 (日) 13:23:31
      • 基本的にはクリーチャーを場にだして投資するゲームなので、それが行えない状態。要は手札にクリーチャーカードがないとか、領地コストや配置制限で配置できないとか、そういう状態。まあ、かといってクリーチャーばかり引いて、アイテムを引けないとかも問題があって、偏った配牌になってる状態っていうのがしっくりくるかな。 -- 2013/05/19 (日) 13:36:07
      • 拠点育成型のブックで序盤にアイテム引きすぎってのも事故判定でいいのかな。 -- 2013/05/19 (日) 13:37:32
      • 自分が必要とするタイミングで、ブックに入っている筈のその場で必要なカードが引けない状態が、事故だと考えています。 -- 2013/05/19 (日) 14:15:07
      • 取り敢えず1ターン目のドロー時点で撒けるクリが手札に無いのは既に事故だろうな…15ターンまでで領地コスト無しが1枚しか来なかったとかもそれにあたる。 -- 2013/05/19 (日) 14:20:02
      • 1枚入れが前半に来るなんて2回に1回は起きる事だぜ、覚悟しておくべき挙動だと思う。事故って"そういった不都合が訪れるであろう事を当然だと覚悟しなくてもいい程度に低確率の出来事"じゃないかな、ブック構築段階の過失じゃないって事。↑の例なら15枚あれば15ターン目までに引ける確率は99.99までになる、十分事故と言える。 -- 2013/05/19 (日) 15:49:28
      • スペルブックは手札にクリが無くても事故ではないてのもあると思う。でも領地が起点となるブックにおいて手札にクリがあり「置かない」選択を持てるのはプレイング。手札にクリがなく「置けない」選択を強要されるのは事故だと思う。展開しないのではなく展開出来ない。事故 -- 2013/05/19 (日) 16:33:02
      • ↑2俺も近い意見。補足するなら、「ただしブック構成や使用者の力量次第でなんとかなる場合を除く」ってところかな。最後までやってみれば序盤に事故った人が買った、なんてケースを何度か見たことがあるし。 -- 2013/05/19 (日) 16:40:24
      • 終盤に必要なアイテムが引けない、決定力のあるスペルが引けない状態も、事故と呼べるのではないだろうか。序盤〜中盤の試合経過も関わってくるので話は簡単ではないが、息切れという状況は誰もが経験しているかと思う。 -- 2013/05/19 (日) 16:41:00
      • ちなみに序盤に領地が確保出来ていれば中盤と終盤の手札にクリが無くとも事故と思わない。その場合はアイテムとスペルを抱えて回る事の方が多いから -- 2013/05/19 (日) 16:45:07
      • 補足は嬉しいんだけど「事故ったけど勝利したのでこれは事故ではない」とするのは少し違う気がする -- 2013/05/19 (日) 17:55:04
      • クリーチャーに関して言えば、序盤は領地確保用の軽いクリーチャー、中盤は攻守兼用の中堅クリーチャー、終盤は1体で拠点奪取が見込める、または極めて落とされづらい高性能クリーチャーが欲しいのは論を待たない。が、これらを1つのブックに入れると、引いて来る順番によっては脆弱な態勢を強いられる事になる。援護が強いのは、序盤用のクリーチャーが中盤にも終盤にも機能するというのが大きい。 -- 2013/05/19 (日) 18:06:47
      • カードの引きが問題なくても開幕から特殊地形巡りでクリーチャー置けないとか普通にあるしな。 -- 2013/05/19 (日) 18:30:57
      • 『(特に序盤に)構成時におおよそ想定される範囲の配分でカードを引けない事』を指すと思います。『クリーチャー主体のブックが最初の数ラウンド(一周目)においてクリーチャーを展開ができないこと』『自分の都合に合わせたカードのドローができない事』等が事故と呼ばれる事もあります。 -- 2013/05/19 (日) 18:36:53
  • ブックの事故を回避するには -- 2013/05/19 (日) 11:59:17
    • ブックの事故(今は未だ曖昧な表現ですが)が有ったとして、どのように回避するかを議論する為のツリーです。 -- 2013/05/19 (日) 12:10:24
      • カードドローには運が絡む以上、事故を完全にゼロにすることは不可能であり、その事故率をできるだけ減少させる、という前提でよろしいでしょうか。
        カードを引く効果のあるカードを多めに入れる、というのはひとつの案です。 -- 2013/05/19 (日) 13:56:46
      • ↑開設者ですが、その前提でOKです。 -- 2013/05/19 (日) 14:16:59
      • 少々カードパワーを落としても汎用性のある、いわゆる「腐りにくい」カードを採用する、というのもひとつのアプローチです。(具体例としてはリザードマンドワーフなど。) -- 2013/05/19 (日) 17:05:14
      • 汎用性のあるキャントリップ呪い(バイタリティディジーズドラウトなど)は結構事故回避に使える。 -- 2013/05/19 (日) 17:14:00
      • これは簡単な話でセプター側からどうにか出来るのはブック操作系の能力とスペルを使うだけなんだよな。不可抗力といえるほどブック構築に依存する。なので構築の段階でクリとブック操作系のスペルを多く入れるのが回避になる -- 2013/05/19 (日) 17:36:03
      • ブックによって事故率が変わるのはある程度は仕方がない。援護のような均質なブックは事故りづらく、アレスブックとかアイドルブックみたいに特定のカードに頼るブックはどう構築しても事故りやすい。もちろんドロソを増やせば多少はましになる。 -- 2013/05/19 (日) 18:06:59
      • 事故回避のためのドローソースとしては、リンカネーションが一番でしょうか。事故っているときは手札が使えずにあふれているので、リンカネーションの効率も上がります。 -- 2013/05/19 (日) 20:43:18
      • 今作だとプロフェシーが一番心強いかな。序盤のクリーチャー不足にも、終盤のアイテム不足にも対応でき、手札が最高にいい時には単に捨ててしまえばいい。 -- 2013/05/19 (日) 21:29:46
      • 侵略に限らず逆転に使える手を仕込んでおくのは事故の予防にはならないけど事故を起こしても比較勝ち易いブックを作る事は出来る。 -- 2013/05/20 (月) 01:23:19
      • 回避がテーマなので事故が発生した後のスペル使用や逆転を計るなど厳密には回避手段と言えない。基本的にブックの比率次第なので配分をよく考えるのが回避の第一歩 -- 2013/05/20 (月) 03:26:46
      • ブックに入っていないカードは使い様が無いので、事故回避にドローソースを入れるという話はこの場でいいと思う。 -- 2013/05/20 (月) 07:20:21
      • いわゆる事故率の一覧表と管理の人が作ったドロー試行計算機リンクおいときますね -- 2013/05/20 (月) 08:26:34
      • 俺は、腐りやすいカードは最大でも1枚刺しで、2枚入れたい場合はカードパワーを落として汎用性のあるカードって感じにしてる。(メテオ×2→メテオクインテッセンス とかにすると、序盤でメテオ+クインテが出ても、1枚なら手札に腐らせておけるので捨て札を発生させないですむ場合が多くなる。) -- 2013/05/20 (月) 10:40:27
      • プロフェシーフォーサイトとドロー順をリセットできるリリーフ等のブック復帰カードをそれなりの枚数入れておくと事故は劇的に減らせる。 -- 2013/05/20 (月) 11:09:00
  • ブックの事故に直面した場合にどのようにプレイするか -- 2013/05/19 (日) 12:00:03
    • もし自分がブックの事故に直面した場合、その試合をどうプレイするかを議論する為のツリーです。 -- 2013/05/19 (日) 12:11:53
      • 少ない領地で機能するブックなら、序盤の事故は全然気にならない。決定的な差が付かないよう、他のセプターに干渉し続ければいいのだから。逆に、沢山の領地を必要とするブックだと、序盤に事故を起こすと勝利を諦めざるを得ない。 -- 2013/05/19 (日) 15:54:51
      • サイコロを投げる。ドローカードを使う。それだけ -- 2013/05/19 (日) 16:14:43
      • 残りのカードから、たとえ細くても逆転の道筋を探して頑張るだけよ。踏みや棚ぼたがあればまだ戦えるからな。 -- 2013/05/19 (日) 17:00:40
      • 対人戦じゃぁ絶対やりませんがCPU戦ならリセットしてやり直しますね。勝つことが目的のストーリー戦とか時間の無駄になってしまいますし。 -- 2013/05/19 (日) 17:14:53
      • 実質、事故に対しては諦めて受け入れるしかなさそうです。そのうえで、手持ちのカードを増やすこと・リバイバルなどで山札をシャッフルすることで、少しでも選択肢を広げるプレイングがよいかと。ホーリーワード系で占い館を踏みに行くのも十分選択肢に挙げられます。 -- 2013/05/19 (日) 17:24:10
      • リバイバルは考えて打たないと事故率あげると思うよ。特定のカードを引っ張りたい状況ならそうなりやすいように残りブックの枚数とかブックに何枚そのカードが残っているかとか把握しておかなければいけない。 -- 2013/05/19 (日) 18:21:01
      • ブックのシャッフルが目的なら、リバイバルよりテレグノーシスがお勧め。ブック復帰なら何でもいいけど、シャッフルだけを目的に使えるのはテレグノーシスだけ。リバイバルはブックを初期状態に戻さないと引けないカードの入手用。 -- 2013/05/19 (日) 18:34:30
      • ↑今気付いたけど、どんなブック復帰スペルでも、「やはり使うのヤメ」でシャッフルの用は足りますね。 -- 2013/05/19 (日) 18:41:20
      • 『辛抱強く勝ち筋を探す』→より具体的に→『ブックや状況に拠るため一概に言えない』。俺の限界。 -- 2013/05/19 (日) 18:42:15
      • フォーサイトで中身を確かめて絶望的ならシャッフルは効果的だね。山札も見ないでシャッフルは謎 -- 2013/05/19 (日) 20:04:51
      • 侵略ブックなら高額土地の奪取で案外なんとかなるので、それを見越してスペル等を使ったり手札の取捨選択を重ねていく。 -- 2013/05/20 (月) 00:35:40
      • 対人戦なら出来るだけヘイト買わないようにして立て直させて貰うのが一番かな。 -- 2013/05/20 (月) 11:03:13
      • 悪目立ちするカード(ケルピーとか)をなるべく入れない。マップ一番人気の属性以外を使って極端な色被りを避けるとかか。 -- 2013/06/18 (火) 18:59:57
  • オールスペルブックとかオールクリーチャーブックとか使えばいい。 -- 2013/10/24 (木) 21:14:27
    • ドヤ顔で茶化してやったぜってつもりなんだろうけど、クリーチャー大量の援護ブックやドロースペルをマシマシにするっていう、同じ方向性でもっと上等なやり方があるんだよなぁ -- 2013/10/24 (Thu) 22:03:22
    • 全て同じ種類といっても、中に序盤に引きたいカードや終盤に引きたいカードは混在します。そのため何の解決にもなっていません。 -- 2013/10/24 (木) 22:11:15
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 最新差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013/05/19(日) 11:56:14 JST (1981d)